至福の時間

忙しい時や食欲がない時にランチは抜いても、スイーツだけは食べるという人は意外と多いのではないでしょうか。
スイーツはどんな状況であっても、食べた人を幸せな気持ちにしてくれます。
スイーツに含まれている糖分には、「幸せホルモン」と呼ばれているセロトニンやエンドルフィンなどの脳内物質の分泌を促す効果があるからです。
つまり、甘いものを食べることで人は幸せな気持ちになれるのです。
さらには、それらの物質はストレスを軽減してくれる効果もあることから、食事で摂れる糖分だけでは足りなかった時などに、満腹感を感じていても食後のスイーツがあれば食べられるという人がいるのかもしれません。
そのような点から「スイーツは別腹」と言われるようになったのでしょう。
そう考えると「別腹」として摂るスイーツは、脳が満足してくれるものを選ぶことが大切です。
ここではそんなスイーツのひとつとして「パンケーキ」をお勧めします。

なぜパンケーキなのかというと、効率よく「幸せホルモン」の分泌を促すためです。
人は疲れやストレスを感じると脳が糖分を欲している状態になり、「甘いものが欲しい」と考えるようになりますが、その時に「食べたい」と思うスイーツは毎回違うのではないでしょうか。
あっさりとした甘さの和菓子を食べたいと思う時もあれば、濃厚なチョコレートが欲しいと思う時もありますが、それはその時々の体調が関係してくるからです。
そんな時、パンケーキはあっさりしたものから濃厚なものまでさまざまなトッピングがありますから、身体や脳からのリクエストに応えてくれるスイーツだと言えるでしょう。
また、ストレス軽減の効果が高いフルーツとの相性もよく、一緒に食べられることからもお勧めなのです。
自分がその時「食べたい」と思うトッピングを組み合わせれば、必ず幸せな気持ちになり、身体に溜まったストレスや疲れを軽減してくれるでしょう。

スイーツを食べている時が至福の時間だと感じられるのは、身体や脳が必要としている糖分はじめ栄養をしっかり摂取することができているからであり、上手に幸せホルモンの分泌を促すことができているからなのです。
生クリームやチョコレート、ナッツ類やフルーツなど、パンケーキにはさまざまなトッピングが用意されていますが、それらは幸せホルモンの分泌を促すために有効なだけでなく、美味しそうなトッピングに彩られたパンケーキを見て幸福感も得られる視覚的効果も期待できるでしょう。
パンケーキは総合的に見て、「人を幸せにするスイーツ」だと言えるのです。