身体からのサイン

「スイーツは別腹」という言葉はよく聞きますが、チョコレートをひとかけら食べたり、クッキーを一枚食べたりする時にはあまり使うことがないのではないでしょうか。
大体の場合、食事の直後にも関わらず、しっかりボリュームのあるスイーツを食べることに驚く周囲の人に対して、「スイーツは別腹」などと言う人が多いはずです。
ですが、ボリュームのあるスイーツが食べたくなる時というのは、往々にして身体や脳が疲れている時です。
それなら周囲にどう思われようと、スイーツをしっかり摂るべきでしょう。
そして、そんな時にはフルーツなどを一緒に食べることができる「パンケーキ」がお勧めです。
なぜなら、パンケーキは疲れた身体や脳を満たしてくれる便利なスイーツだと言えるからです。

心身が疲れてくると、脳の働きも鈍ってきます。
疲れやストレスを軽減するためには、脳を活性化させる必要があり、そのためには「糖分」が必要になります。
糖分は、脳にとっての「ガソリン」であり、もっとも効率を高めてくれるガソリンは「ブドウ糖」です。
しかしブドウ糖はアメやチョコレートといったスイーツのように、そのまま食べて「おいしい」ものではありません。
おいしくないものをわざわざ摂っても、その行為自体にストレスを感じてしまうでしょう。
食べられるよう加工されたブドウ糖もありますが、どうせなら食べておいしい「糖分」を摂りたいものです。

パンケーキは生クリームやチョコレートソース、フルーツやハチミツといった、さまざまな甘いトッピングとの相性がどれともよく、糖分摂取の手段として優れています。
ビタミン類を多く含むフルーツを添えてもおいしく食べられますし、栄養がとれるうえにストレス軽減の効果も見込め、華やかに盛り付けて見た目から楽しむこともできます。
また、フルーツの中でも、バナナがトッピングされたものを摂れば、ブドウ糖をしっかり摂ることもできますから、「別腹」に入れるのであれば、バナナを使ったパンケーキがお勧めです。

おいしいパンケーキを食べれば脳が活性化し、前向きな気持ちになることもできるでしょう。
フルーツやナッツ類は美容にも効果があるので、女性にとってはさらに嬉しいポイントです。
「別腹」には理由があり、それは身体が健康を保つために必要な行為でもあるので、これからも堂々と「別腹」を満たしていきましょう。
「食べたい」と思う時は、身体や心からサインが出ている時なのです。